皆様の心に高貴さを宿らせることが
私の願いです。

私は子供のころから、人には見えないものが見えたり感じたりすることがよくありました。当時は気にもかけてはいませんでしたが、社会に出て働くようになってからは、友人や同僚から悩みや相談を持ちかけられることが多くなりました。
その時は決まって彼女たちの背後に何かはわかりませんが、見えたり、感じたりするのです。この何かに話しかけながら念じていると、友人たちはみるみるうちに元気な顔に戻ってくれたのでした。この力を人の役に立てたいと考えるようになったのは40代になってからのことです。
それからヒーリングについて高名な先生に師事させていただき、このたび「紫音」を開くこととなりました。
紫は古今東西を問わず高貴な色です。この紫のイメージのように、皆様の心に高貴さを宿らせることが私の願いです。
「紫音」で皆様とお逢いできますことを、心から楽しみにしています。

紫音 典子

カウンセリングについて

専門学校に10年近く勤務していましたが、
その時に躁鬱病や心因性精神疾患の学生さんや
保護者の方に出会いました。

この時にカウンセリングを行う事で、
一緒に問題に向き合い、そして皆さんが元気になっていく
課程を一緒に過ごす事が出来ました。

今後もこのようなお悩みをお持ちの方の力に
なりたいと思っております。

カウンセリングについて

専門学校に10年近く勤務していましたが、
その時に躁鬱病や心因性精神疾患の学生さんや
保護者の方に出会いました。

この時にカウンセリングを行う事で、
一緒に問題に向き合い、そして皆さんが元気になっていく
課程を一緒に過ごす事が出来ました。

今後もこのようなお悩みをお持ちの方の力に
なりたいと思っております。

ヒーリングについて

15年程前にあったできごと。
それは気功の先生と出会った事です。

初めは気功を見様見真似でやってみたのですが、
不思議なことに頭痛や腹痛の痛みが取れる事がありました。
その時気づいたのです。

「身体と心は繋がっている」

痛みや病気は身体からのメッセージであること。
この事を大事に意識し、施術に当たる事にしました。
今は気功だけでなく、その方に適したヒーリングを
行っています。